masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第560話   害獣や害鳥、害虫がいっぱいだ。

<<   作成日時 : 2018/06/07 17:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日梅雨入り宣言が出された朝から雨が降り続いている。   昼頃に少し止んだ時間帯があったが直ぐに降り出した。   いつまで降り続くのか?    たぶん止むまで降るだろう・・・。    昨日の昼に防災無線で 「 猿が出没しています。 出合ったら刺激しないようにそっと離れてください 」  と注意を呼びかける放送が流れた。   夜話題になったが、何と100m程離れた家の近くに出て来たらしい。  妻が 「 猿に出会ったら目を見たらダメだって 」 「 俺だったらバットを持っていってど突いてやるわ 」 だが・・・。   5月の中頃に隣の家の人が前の田んぼでの田植え用に畔の草を刈って準備していたところ、早朝に畔を歩くと掘り返されていた。   夜中にイノシシがミミズを探して掘ったのだ。    その為に田んぼの周りに杭を打ってネットを50m程張って予防策を施す事になった様だ。    10日程前に裏の休耕田の草を刈った。   4月にも刈ったのだが、まるで雑草の様に草が伸びているのだ。   一週間程前に 「 田んぼの刈った草の周りをイノシシが堀起こしていた後が見えるよ 」 と裏の家の人が教えてくれた。  刈った草の下に集まるミミズを探してたのだろう。   その日の内に刈った草を焼きに行ったのだ。    が3日前にも近所の人から 「 裏の川の傍を夜8時前に歩いていたらお宅の田んぼの中にイノシシが5匹程居て土を掘っていたよ 」   「 親子の群らしくてライトで照らしたら山の方に逃げ帰った 」 と教えてくれた。   「 夜中にバットを持って叩きに行くか、落とし穴でも掘ろうか 」 と応えた。  困ったものだ。    3月だったか? 裏の川にヌートリアが泳いでいるのを発見し、罠で3匹を捕獲してもらった事がある。   毎年のように田植えをした後の稲を6月頃に荒らしに来ていたのだ。    その為に周囲に長い幅でネットを張っていた。   今年はヌートリアは出ないだろうと安心していたらイノシシだ・・・。   そういえばここ数年裏の川の魚の数がめっきり減ったのだ。   早朝に裏の川を見る時があるが時々川鵜が泳いでいる。  幅が10m程の小さな川なので鮎は居ないが小魚は結構いたのだが。    川鵜め・・・。  家の二階からゴム銃で打ってやろうか・・・。    畑は暖かくなって野菜の成長が良くなった。   今年はキャベツの苗を沢山もらって植えている。   結構大きくなって来ているが手入れが大変だ。   チョウチョウが卵を産み付けて青虫になりキャベツをかじり糞をする。   朝夕点検し青虫を見つけては取り去るのだが大変なのだ。   何せ保護色か?と勘違いするぐらい葉っぱと全く同じ色の虫は見つけにくい。   幸いな事に雨ガエルや田んぼに居るカエルがキャベツの周りに居て青虫を食べてくれるのだが間に合わない。   チョウチョウを見つけたら、テニスラケットを持った私のフォアやバックハンドスイングの練習によって減って行くが、翌日になると何処からともなく飛んでくるのだ。    毎年この季節はテニスのスイングが鋭くなるのだ・・・。     話変わって 前回書いたミッドシニアの中国大会だが予選の二日後に久米の支配人から電話がかかって来た。   「 県の連盟から中国大会の出場確認が来ました。  広島の松永Cですが I 原さんは行かないと言っておられたので電話しています。 不参加なら繰り上げで次点の人が行くようになるので 」    「 わかりました。 遠いので行きません。 」 と即答だ。  「 良いスコア―なので行かれれば良いのですが。 分かりました。 県に伝えます 」  だ。   4月に通過した県アマも決勝を辞退だ。   それなら最初から出場するな  か・・・。   ブラックリストに乗るかも。    私の目標は“ のじぎくオープン ” なのだ。    県の大会は自分の立位置を知ればもう良い。   昨年はどの大会も通過がギリギリのレベルだったが、今年は自分のレベルが上がっている事が確認できたのだ。
 6月末の県シニアの決勝は2日目の最終日まで残れるように気合を入れよう。       

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
第560話   害獣や害鳥、害虫がいっぱいだ。 masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる