masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第525話  3万7千歩、25km、4,800カロリーだった。

<<   作成日時 : 2017/05/11 16:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日10日の午後8時前になって咳が結構続いた。   実は一週間程前から風邪気味で、風薬やビタミン剤で何とか治そうとしていたが断念して9日の朝にかかり付けのF田耳鼻科に行った。   注射2本と薬で少し楽になった。   10日の県アマの決勝ラウンドでプレーする為に体調を整えておきたかったのだが・・・。  10日は5時過ぎに起床して速いスピードで40分程歩き、帰って庭で100球のアプローチ練習をやった。   7時半発で1時間足らずで会場の後楽Gに到着だ。  前日の雨の影響か? 霧が立ち込めている。  受付で「 霧の為に30分遅れです 」 と告げられる。  10時40分スタートだ・・・。  白ズボンに白の靴、白の帽子にネイビーブルーの半そでシャツのお気に入りの勝負服だ。  腰回りもしっかりと張がある。  顔を隠すと20代と間違えられるかも・・・。  練習グリーンでは中、高校生や若い選手が多い。   何せ県のトップを決め、中国大会、全日本の予選の公式大会だ。   私の様な年齢の者はあまり見当たらない。  6,860ydの長いコース設定でピンの位置も難しい。  公式大会は乗用カートはジョイント間は乗っても良いがティーショット後はホールアウトまでは歩かなくてはいけない。  相当歩く距離がある。  だから60過ぎた様な人は参加しにくいのだ。    ※ あまりプレーしてないコースなので4月末に練習ラウンドに久米のメンバーの福原さんと行った。   朝から結構激しく雨が降り、気温が高かったので濃霧だった。   前の組が見えず、コースもグリーンも分からない中でのラウンドで全く参考に成らなかった。    当日は県下のトップアマが167人参加で、久米の松本、赤坂、S陽高ゴルフ部監督の田淵、息子もトップアマの原、ヒマラヤのゴルフ担当の松下等顔見知りのトップアマが居たので挨拶だ。   練習グリーンに行くと 「 先生、スゴイね。 決勝に出てるんだ 」 と 教え子の高橋だ。   息子の 海里 はS陽高校ゴルフ部主将で中国地区の強化指定選手だ。   久米のハンディーは -2で練習場で時々出会うので声をかけている。  「 どこかの大学が呼んでくれれば行かせたい。 今日も運転手で来てる 」 と父親。  私と同じ組の加藤選手は沼練習場でよく会う人で、居酒屋の店長だ。   私達とはチョッと雰囲気が違う。  「 肺がんの手術をしてしんどい 」 とタバコをふかしている・・・。  余りお友達にはなりたく・・・。 10時40分にスタートホールの10番で本部テント前に4人整列だ。  競技委員から説明を受ける。   「 ○○選手のマーカーは△△で・・・。 ××の時はマーカーに確認を・・・ 」   「 使用ボールを2球確認してください 」   緊張感をあおる堅苦しい説明だ。  私は思い切って新品ボールを1ダース購入し、赤マジックで印をしている。       私のティーショットだ。  3組のカートが揃い、皆見ている。  インの10番は220yd程前に池が左前に伸びている。  前組の田淵選手は池に打ち込んだ・・・。  以前から使っているプロギアのドライバーでのショットだ。   カキーン と芯に当たったボールは池を超えたが少し左に曲がりだした・・・。   危ない。  が、ぎりぎりに助かって斜面のラフに止まった。   まずい、左に曲がる日は結構スイングが良くない・・・。   10番ボギー、11番ボギーのスタートだ。   距離が長いのである程度ボギーは覚悟だ。    ロングでダボを打ちパーは3個で前半43と予定より3打多い。  1時過ぎにクラブハウスに帰ると、かつて沼練習場に居た北畠さんが居た。  久米のメンバーを応援してるのだ。  「 松本さんは44も打ったのでフテていた 」 と教えてくれた。  公式競技は休憩なしで後半を回るのだが人が多いので30分休憩がある。   用意したおにぎりとパンをカートに乗って食べ風邪薬を飲んだ。  167人中90番が翌日の決勝ラウンドに進出だ。   82がカットラインかなと予想している。   午後のOUTは38で回らくては・・・。   OUTは 3,400yd有り、ミドルホールも400前後だ。  195ydは3番アイアンで乗せてパー。   2番2mの登り、4番1.5mの横のバーディーパットを外したがここまでパープレーだ。   5番ボギー、6番の580ydの打ち上げのロングは3打目を3番アイアンで乗せてパーだ。  7番156ydのショートはバンカーの上をピンを狙い真奥2mに付けてバーディーチャンスだ。   「 この組で通過するのは I 原さんだけだな 」 と歩きながら同伴者。 私も “ これで行ける。” と確信した・・・。    少しスライスし、40cmオーバーだ。   パーパットを打つ構えをするとふと頭に浮かんだ・・・。  「 外れる訳ないな。 外さないだろう。 まさか・・・ 」 頭の中で無意識に考えている。   コツン・・・。   カラーン と小気味良い音が聞こえる為にもう一度打った・・・。 過去に何度かあった弱気の気持ちが出て来た。  イップスか?   痛恨の3パットだ・・・。   2オーバーになった。   もう落とせれない。   8番は左バンカーを避けて打ったが右のバンカーだ・・・。    横長の135yd先のグリーンに向けてクリーンに打った。  うまく振り抜いたが高く上がって結構強い風に乗り、少し奥にこぼれ、寄せが短くボギーだ。   9番は最低でもパーを取らなくては・・・。   真ん中にきれいに打ち、残り155の池越えだ。    横風が結構強い。  2打目は力が入り巧く打てず100ydしか飛ばない。  狙うしかない55ydの3打目はピンをかすめて奥2.5mに止まった。    これを入れなければ予選通過は難しい・・・。   集中力を高めて打った下りのパットが5cm右に止まった・・・。   上がり3ホールを全部ボギーで40だ。  計83は無理だろうな。    グリーの端に、松本、田淵さんが来て見ていた。  「 どうだった? 」   「 今のパットが入らなかったので無理だと思います 」   結局81が翌日の決勝ランド進出の90人で、松本82、田淵86、原ジュニアも83で予選落ちだ。   トップは69、2位70、3位の71は4人居た。  海里は74だ。   上位は殆ど高校生か大学生だ・・・。    私は十分とはいかないが、実力は出したと思う。  あそことあそこのミスが・・・。   誰でも思うことだ。    15番ロングの185ydの3打目がもう1m右に飛べばバーディーチャンスになるが、バンカーに入りダボだった。  ミスもする。 それがゴルフだ。   これが実力だ。  普段 6,000ydも無いコースで良いスコア―を出しても自分的にはチョッとどうかと思う。    800yd長いコースでは全く別物だ。   一ホール平均50yd長くなるとどれだけ難しくなるか・・・。    しかしゴルフは不思議だ。   6,000yd無くても90近く打つこともあるので。  短くてかえって難しい事も多い。   来週の県シニア( 50歳以上 ) が真庭である。  6月は県ミッドシニア ( 65歳以上 ) が岡山Gである。 予選突破が目標だ。   公式大会は真剣勝負で緊張感が持続し、やり甲斐がある。   今年は出来るだけ出場するぞ・・・。     寝る前になって歩数を確認すると、37,373歩、25,91km、4,817カロリーと記録が出ていた。    体力と神経を使ったので夜は咳が出てしんどかった。    でも良く頑張ったのでレベルが少し上がった気がするのだが・・・。     

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
第525話  3万7千歩、25km、4,800カロリーだった。 masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる