masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第522話   回顧録R  ニックネームの金ちゃんの面目躍如だ。

<<   作成日時 : 2017/03/30 21:46   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 入学後の一年間は濃密な日々を過ごし、振り返ればアッと言う間に過ぎ去った様な感じだ。   ひたむきに純粋に取り組んだ一年生の時の色々な体験は生涯の宝物になり、その後の人生に大きな影響を与えているのだ。    春休みの合宿の後の大学での練習でレスリング体験があった。   当時の我が大学のレスリング部にはオリンピック代表が多くいて、メダリストの教員も沢山いた。    サッカー部の斎藤監督がレスリング部の顧問に体験入部を依頼したのだ。   そこで体力トレーニングとスパーリングをやったのだが、中々新鮮で面白かった。   数人のレスリング部員が技を教えてくれた。   冬はサッカー部の練習でも筋トレはやっているが、レスリング式の筋トレはさすがにきつく、大変だった。    その後スパーリングだ。   左手で相手の右手首を掴み、右手で後頭部を抑えて動きを止める形が基本だ。  その姿勢からバックに回り込み捻って投げる技と、低い姿勢から腹にタックルに行き待ちあげて投げるのだ。   特別に筋トレをしてはいなかったが、入学時に握力が左右共に72kgで、背筋力も210kgあって測定の先輩達が驚いていたのだ。   そして一年間の練習でさらにパワーアップしていたと思う。    スパーリング練習では私に勝てる者は居なかった。   ※ 高校時代からレスリングをやっていたら日の丸をつけれていたかも・・・。   が、監督もレスリングが大好きな様子で、2年生を捕まえてスパーリングをやっていた。   練習も終わりかけて監督が、「 オイ、○○ 俺と試合だ 」 と先輩を呼び出して試合をし、直ぐにフォールして得意げだ。  「 オイ、今度はお前だ 」  と3年生を捕まえてはすぐに押さえつけた。   何せ監督は160cm程で体重は100kg程有りそうな あんこ型関取 の様な体型でウエストは100cm以上はある。   それでいて結構動きも速いのだ。   「 皆、大したこと無いな。 俺に勝てる奴は居ないのか? 」  と得意げだ。    「 オイ、金ちゃん やってやれ 」  と 先輩達がはやし立てる。  「 ハイ 」   「 お願いします 」  と前に出る。  「 金トトか 」 とそれまで余裕だった監督の表情が変わる。  首を抑えに来た監督の右手首を左手でがっちり掴み、先手を取って右手で監督の太い首を押さえつけた。   格闘技は組んだ瞬間に相手の力量が分かる。  「 ウッ 」 と監督は慌てている。  監督の動きを止めてチャンスをうかがう。   「 良いぞ、金ちゃん 」   「 やれ!! 」  と部員が大声援だ。  首を押さえつけると起こそうとしてもがくのだ。   そこで右手の力を抜く。  その反動で監督の上体が起きる。  その瞬間に腹にタックルに行き、一気に押し倒した。  そのままヘッドロックで首を抑えて動きを止めた。  私のフルパワーのヘッドロックから逃れる事はレスリング部員でも難しいだろう。   両手両足をバタバタとして暴れるが私は動じない。 「 クソ 」   「 良いぞ!!金ちゃん 」  部員がやんやの歓声と声援だ。  「クソ!! 」   暴れている・・・。  チョッと待てよ・・・。    まずい・・・。   大の負けず嫌いの監督だ・・・。    ※数年前には部員全員にGKのセービング練習をコンクリートの上でやらせた。   春合宿に参加しない新4年生のマネージャーや私の地元のT山工の2年先輩のくに出さん等を退部させ、合宿所から追い出したのだ。  私は力を緩めた・・・。   必死の形相の監督が体勢を立て直し私を抑えにかかる・・・。   力を抜いた私を逆に押さえ付ける。   「 ハア、ハア、参ったか 」   「 参りました 」  とギブアップだ。   立ち上がった監督は 「 良し。 これで今日の練習は終わりだ 」 と息を切らして終わりを告げる。    「 金ちゃん、力ぬいただろう 」  と 先輩。   「 ハイ、まずいと思って・・・ 」   「 そうだなあ。 監督が立場が無くなるもんなあ 」    私のあだ名の “ 金ちゃん ” の由来の足柄山の金太郎の “ 気は優しくて力持ち ”  が発揮された場面だったかも・・・。              

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
ナイス ナイス
第522話   回顧録R  ニックネームの金ちゃんの面目躍如だ。 masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる