masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第520話   久米レジェンド 5年ぶりに復活したのだが・・・。

<<   作成日時 : 2017/03/07 15:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日久しぶりのサッカーの試合に出かけた。   美作市で第31回の “ かま本杯 ” に  “ 久米レジェンド ” で参加する為だ。  ご存じのレジェンドの 釜もと 選手が美作で講習会を開いたのを記念し 翌年から開催されている8人制の大会だ。   久米レジェンドは、Jリーグが始まった1993年に私の地元中学にサッカー部が無く、私が “久米サッカークラブ” を立ちあげた。    中学校に何度も要望し、その2年後のにサッカー部が創部されたのだ。    その為6年間で活動は停止したのだが・・・。    クラブの卒業生は高校で活躍した後県2部リーグの りべるたーじゅ に大半が所属し、私が東高で指導した者と共に現在もプレーを続けているのだ。    25、26回は上級のクラスで無敗優勝していたのだが、5年ぶりの復活なのだ。   26回大会で、例の私への飛び膝蹴り事件 “ 第364〜366話掲載 ” で皆気持ちが乗らなくなっていて参加を見合わせていた。    最近サッカーに対する意欲の増した長男が、「 レジェンド復活しようか? 」 と言いだし、「 やろう。 まだ十分プレー出来るから 」 と 私だ。   当日会場に着いたが、何と 第一芝グランドにラグビーポールが1本刺さったままで抜けないのだ。   レッカー車が来て引き上げようとしたが抜けず、久米レジェンド のリーグだけが土のグランドに移された・・・。    会社名で大学生中心の素人チームを作って参加している長男と、私を含めて14人集まったチームは2試合のサイクルリーグに入った。   肋骨のケガの為出場を断念しているCBの次男が監督をした。  ※次男は今年も県35歳以上の選抜に選ばれたので無理が出来ない。  ライバルチームが2−0で勝ち、我がチームは3点欲しい所だが中々得点できない。  シュートミスが続き、結局2点どまりで私の出番はなかった。   2試合目はライバルチームが4−0で勝利だ。   5点差で勝たなくてはいけない。   が15分ハーフの前半で4点を奪取だ。    「 お父さん5点差になったらサイドハーフで出る? 」 と監督の次男。  「 OKだ 」 と後半の追加点を待つ。   が何と後半油断したのか? DFのミスで1点を献上だ。  雲行きが怪しくなって来たが直後に1点を取る。  もう一点が入らない・・・。   何とまたもDFのミスから2点目を取られ、5−2となり試合が終わった・・・。   私の出番は無かったのだ・・・。   結局リーグで2位となり、3、4位決定戦に回った。  最後のゲームとなる3、4位決定戦の前に 「 お父さん先発で出る? 」 「 出るよ 」 でピッチに立った。  相手は相当若い・・・。   ほとんどが20代だ。  左サイドの私はキックオフと同時に高い位置を取ったが、我がチームのDFがボールを奪われ、ファーストシュートがゴールに飛び込んで0−1だ・・・。    私は一度もボールに触って無い。   これは守備的にならないといけない と現役時代のDFの本能がそうさせて引き気味のポジションになった。   「 上がってください 」 と私のT工業時代のサッカー部OBの井上君の息子 ( 光南の3年生 ) が言うのだ。   その後は実力を発揮した久米レジェンドは立て続けに3点を取り前半が終わった。   左サイドの上がり下がりを繰り返した私は、サイドでのディフェンスでは突破を許さず、5、6度のパスは全部成功させて後半交代だ。   シュートは1本で、こぼれ球をダイレクトでボレーシュートしたが上に外れた。    何せ15分ハーフのゲームなので、チョッと汗をかいたぐらいで終わり、何の疲労感も無い。   味方が巧いので、相手が若いチームにでも 3試合ぐらいはフルにゲームができると感じた。   スタンドで着替えていると、 「 こんにちは、7年前に高専で習いました T政です。 」 と声をかけてくる若者が居た。  余り記憶がよみがえらないが 「 サッカー部だった忠まさで、父も教員して中学サッカー部の顧問しています 」  思い出した。   お父さんとは5、6年前にシニアで試合した事がある。  「 先生スゴイ元気ですね。 仲間が あの年寄りスゴイ と言ってました。 何歳になったんですか? 」   「 67歳だ。 67歳には見えないか? 65歳ぐらいに見える? 」   「 イヤイヤ、スゴイです。 どうしてそんなに元気なんですか? 」   「 気持ちの持ちようだ。 どんなことでも まだやろう と思えば頑張ってトレーニングもできるし 」  とひとしきり喋っているうちに ゲームが終わり5−2で勝利し不本意な3位だ。   我が久米レジェンドは創設以来、いまだ無敗記録が続いている。    次男が復活し、まだ4人程の現役が来てないので揃えば優勝を狙える。   来年も出場予定なので私もそれに合わせてトレーニングを頑張ろう。  1試合の半分しか出場できなかったので腹いせに筋トレして帰るか・・・。  と帰途についたのだ・・・。      
    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
第520話   久米レジェンド 5年ぶりに復活したのだが・・・。 masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる