masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第498話   入院前と退院後での身体の変化は・・・。

<<   作成日時 : 2016/05/07 16:55   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 4月28日に51日間の入院生活を終えて退院しました。  生涯アスリートを宣言した私は、右肩の腱板の働きが7割程度に復活出来れば満足と思っていました。   ただ、体力の低下と、体型の変化は仕方ないと考えていました。   入院生活を2ヶ月程とリハビリ生活を半年も続けるとどれだけ落ちるのか?。   トレーニングを1週間サボると元に戻すのに2、3週間は必要と巷では言われているが、私は8週間もだ・・・。   それは一流アスリートに対してのもので、私の様な66歳のアスリートならどうなのだろうか?。   2月末に通っていた フィットねすクラブ かるバータで 体型と体力を測定してもらっていた。   そして、5月2日に退院後の変化が知りたくて特別に測定してもらったのだ。  2月で会員を解約し、6月に復帰予定なので 今は会員ではないから特別だ。   「久し振りです」 とジムに行くと、 「 あ!I さん、元気そうで 」 と顔なじみのインストラクター。  身体の筋肉を使ったり、動いたりしなくても良い器械を使って測定だ。   器具を手に持ったり、乗ったり、張り付けたりするだけの測定で色々と分かる。   結果が出て2月と比較表がプリントアウトされて説明をしてくれた。   どれだけアップしているか楽しみにして説明を聞く。   動かしてない右上腕筋周りは 約2センチダウンの27cmで仕方がない。   左は29cmで変化なしだ。  外泊での帰宅でよく草取りをしたからか?  体重は67kgで2kgダウンだが理想体重より0.5kg多い。  胸囲は変わらずで、腹囲も変わらずの79cmだ。   腰回りは大殿筋が引き締まっての 0.6cmアップだが脂肪で増えたのでは無い。   大腿囲は左右同じ値で、変化なしだ。  下腿囲は右0.6cmアップの39.6cm、左は0.8cmアップの39.5cmだ。   体脂肪率は1.8%ダウンの15.4だ。  筋肉量は0.5kgダウンの53.7kgだが平均は47kgなのだ。   一番のダウンは当然だが握力で、右が10kgダウンの31.4kg  左が6.2kgダウンの37.9kgで仕方がない。   まだ力が入れれないので。   平衡性は前回に続いて5点満点だ。   柔軟性は2から3にアップ。   全身持久力は2から満点の5にアップしている。   前屈も7cmアップだ。   まあ、51日も入院し、リハビリは右手の可動域を回復する動作だけなので、少しぐらいのダウンは仕方ない。   結構アップしている項目もあるのでまあまあか・・・。  私が危惧していた、“ 2ヶ月も入院して体力が落ちてなかったらどうしよう ” との思いに対してどう分析すれば良いのか・・・。  “ 病院に2ヶ月入院していたら、こんなに体力が落ちてしまいます” との一般的な常識は当てはまらない希な例かも・・・。   病院でのTVコマーシャルでよく見た健康食品 の “こんなに元気です” と階段を元気に登ったり、速足で散歩している60〜70歳代の人がTVにでている。   私は右肩が回復したら、自分のトレーニング動画を撮ってネットで配信する機会をうかがっているのだ。     右肩は手術をしました。  左の腱板も切れています。  腰椎椎間板ヘルニアの手術もしました。  健康食品を飲んでませんがこれだけ出来ます。  40mインターバルでダッシュやドリブルシュート練習。   左手1本のドライバーショット。  サッカーのゲームやバドミントンのプレー、筋トレ等を動画配信したら、殆どの健康食品の ‟“ こんなに元気に動けます ” の人のレベルが普通の人になってしまうな。   どこかの会社にモデルで売り込むか。   その時は、「 この薬のおかげでこの体力を保てています 」 と虚偽発言をいとわないのだが・・・。


   
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第498話   入院前と退院後での身体の変化は・・・。 masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる