masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第496話   退院後の経過はやや不安。

<<   作成日時 : 2016/05/04 06:43   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 退院後はまだ日常に戻れないでいます。   車の運転は「 そろりとならかまいません 」と許可を貰ってますが。   退院したら入院前の様に “左手1本でゴルフクラブを振って練習やコースに行くぞ” と思っていましたが控えています。  「 無茶してはいけませんよ 」 と主治医の井上先生から釘を刺されている事と、肩周りが 気になるからです。  何か月先になるか分からないが、「 こんなに良くなりました 」 と右腕をグルグル回して見せたいのだが・・・。   外泊していた4月16日の夜入浴していて右肩の外側を触ると固い部分が有ったので揉み解した。 上がってから妻に、「 湿布貼って 」 と言うと、「 チョッと腫れてるよ 」 と言うので 見ると右肩外周りが 赤みが強く少し腫れているのだ。  抑えていた部分は内視鏡を入れた傷口だった。  押さえすぎて毛細血管が切れて内出血したか? 翌々日井上先生に診てもらった時には腫れは引いていた。  両方の肩周りを触って 「 あなたのは肩周りの筋肉は普通と違うから分からない 」 だ。  確かに肩周辺の筋肉はしっかりあるので腫れか筋肉の張りか分かりにくい。  翌週の24日の日曜日に長時間パソコンを操作していた時に三角筋の腕側にピリッと小さな痛みが走ったのだ。  押さえてみると縦の筋にコリコリ感がある 。  軽い肉離れ的な感じだ。   25日に左肩のMRIを撮って貰った。   9年前にサッカーの試合中にヘディングの競り合いで左肩から落ちて強打し、腱板が切れているので気になっていた。  「 手術をしないと腱板が切れてるので隙間が狭くなり、骨が接近してその内に肩が上がらなくなります 」と言われていた。  その後は少しぐらい痛くても大丈夫と思っていたら痛みも和らいだ。   右肩が壊れた昨年11月以降、左手だけでゴルフをやっていた事はご存じのとおりです。   入院後は自宅に帰った時に草取りで左腕を使うだけだが、こちらも上腕二頭筋周りが痛いのだ。   夕方詰め所のパソコン画面で説明してもらった。   「 右に比べればまだ腱板はある方です 」  「 ただ、二頭筋のこの辺りは相当細くなっているのでその内切れる可能性があります 」 だ。  「 切れたらどうすれば良いのですか?」   「 そのままほっとくしかないです」   「 はい?」  だ。  ゴルフ仲間で左の二頭筋が 二頭とも切れている人が居る。   その人の腕は 力こぶにボールを入れてるのか?の様にポコッと膨れ、肩側の筋が無いので陥没して穴が開いて居る。   「 左に力が入らないので170yd程しか飛ばなくて 」 と嘆いているのだ。   何時かはわが身か・・・。  その時までは左手だけで250ydショットを連発するぞと思っているのだが、二頭筋が危うい・・・。  1日の朝、電機カミソリで顔そりをしていた時右肩の腕の付け根付近にズキッと痛みが走った・・・。  24日と同じ部分の様な気がする。   最近では記憶に無いぐらいの痛みだ。   チクッとではない痛みだったのだ・・・。   チョッと力が入るとキュッとした痛みがある。    横に動かす動作はまだ無理だったかも・・・。  「 無理しちゃいけませんよ。 また切れますよ。」 と釘を刺されているので気を付けていたのだが。  まさか髭剃りで・・・。   三角筋の肉離れなら良いのだが、腱板の可能性も・・・。   金曜日に診察に行くつもりだが、「 その日は先生が手術担当で診察できるか今は分かりません 」 と受付嬢。  土曜日は不在だし。     畑の草がぼうぼうだったので毎日格闘だ。 11と12eの休耕の田んぼも草がまるで雑草の様に伸びている。  草刈り機は当分無理だし・・・。  今後は月、木の午前中に腕のリハビリに行き、終わったら男女山を登るコースを歩いて足腰を鍛えた後、近くの瀬戸かわ温泉、昼食、一人カラオケをと考えていたのだが・・・。   全快まではまだ遠いな・・・。  ※ 回顧録Oは7ヶ月と58日ぶりに乗せます。 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第496話   退院後の経過はやや不安。 masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる