masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第477話    あきらめる決断をしたのだ・・・。

<<   作成日時 : 2015/12/19 16:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 肩の腱板を痛め続けて今日に至っています。   先週に、3年前と昨年の2度診察を受けた肩の専門医の な越先生 の病院を訪ねた。    かがみの病院で撮ったMRI画像を持って行った。    「 相当ひどくなっていますね。  横にわずかに残っている腱も間もなく間違いなく切れます。   上腕二頭筋が膨らんでいませんか? 」 と尋ねられた。   ※ 実はゴルフ仲間で 左手の力こぶの部分が、常にポコッとボールのように丸く膨れて肩側が陥没している人を知っている。   「 腱板が切れて腕が振れないのだ 」  と風呂場で説明してくれた・・・。   あんな様になるんだ・・・。     この1月以上も、夜寝るときは痛くて寝付かれず、夜中に一、二度痛みで目が覚める・・・。   「 私の腱板は大学2年の時オートバイで転倒し、4日程肩が上がらず1年ほど肩が使えなかったのでその時きれたのじゃないかと思う。  そんな腱でも大丈夫ですか?」   「 間違いなく難しい手術になります 」  「切れて引っ込んでる腱を引っ張り出してくっつけ、骨にも付ける手術です。  そうすると、引っ張り出した腱を引き戻す力と、骨から剥がそうとする力が働きます。   リハビリを慎重にしないとだめです 」  との説明だ。   「 それに、肩の骨と腕の骨の隙間が殆どなくなっています。  1cm位隙間が狭まっています 」   そうなんだ。   殆ど動かさなくても チクッ、ズキッ と痛みが走るが、骨と骨とがこすれているのかも・・・。   「 わかりました。   勤務も今年度で無くなるので3月ぐらいに手術を考えます。   主治医の鏡の病院のいの上先生と相談します 」 と言ったのだ。    入院が1月半前後、リハビリが半年か・・・。   スポーツ活動は当分あきらめるか・・・。     実は左手も10年程前に腱板を断裂し手術が必要なぐらいなのだが・・。    昨年9月に3年ぶりの混成5種競技出場を決断したのは、もう最後だとの虫の知らせだったのかも・・・。 
       今シーズンは580ゲームでアベ199で終わってしまったボウリングはもう無理かも・・・。    だが 2月まではゴルフはできる。    左手1本でも並みの人には驚愕の240ydショット連発だ。   だが100yd以内のショートゲームの距離感が難しい・・・。    年に一度の楽しみにしている ラグビーの試合も断念だ。   つやま工業のラグビー部員の1年生と地区の指導者や体育教員の混成チームで試合をするのだが。     転倒すると腕でカバーできないし、タックルに行けない。    走ることとキックは問題ないのだが。  ごろうまる選手に引けを取らないキックのコントロールを披露するつもりだったのだが・・・。   赤パンを履いた私と、松本先生のプレーを楽しみにしている若い先生達が沢山いるのだが。       私が行かないので 松本先生も 「 先生が行かんのなら行かないわ 」 と言っている・・・。    申し訳ないが 来年頑張ろう。     年賀状を250枚購入したものの手つかずだ。    もうマンネリ化したし、良い写真もない。   元旦に届かないかも・・。              

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
第477話    あきらめる決断をしたのだ・・・。 masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる