masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第469話 2年ぶりの同窓会だ。

<<   作成日時 : 2015/08/30 21:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 大学のサッカー部の同窓会が60歳になって毎年有るのだ。 ※30代、40代で各2度、50代で3度有った。    大学に入学後、サッカー部に入部し初めて運動部を体験した私には、毎日が余りにも強烈な体験で思い出も多い。  大学での4年間の体験が、私の現在までの生活の大きな糧となっている。    一昨年はO山県で私が一人で幹事をし、16人程が集まってくれた。   昨年は埼玉県だったが直前に父が亡くなり、参加を取りやめたのだ。    出身県で持ち回りし、キャプテンの 壱岐の地元仙台で一回りしたのだ。    4月に案内が郵送されてくると妻が反応した。 「 私も行きたい。仙台の観光を一人でするので連れて行って 」 と言いだした。   年老いた母と息子2人と妻の妹を残して4日間の旅行だ。    O山空港から羽田に飛び、T北新幹線での往復の行程だ。   25日の出発の朝、台風の接近が気になっていたが、6時の時点では始発は大丈夫だったのだが・・・。    が、 自宅を7:30発で空港に向かう前に確認すると、何と欠航だ・・・。     欠航の場合の対応 JR → 高速バス → 東海道新幹線 に切り替えた。   仙台到着は16:20で予定通り到着だ。    小雨で20度程で寒い。   夏用の半そでばかりで長袖は1枚きりだ。    夜は名物の 牛タンを食べに行き、妻は高級日本酒を味わってご満悦だった。  ※ホテルのエレベーターの広告に この銘柄の日本酒は1合1,600円と記してあった。   翌日は恒例のゴルフコンペだった。    朝から雨で十分涼しい・・・。   キャディーさんに 「 今日は、ひんやり半袖と涼しいズボンと帽子、と暑さ対策はバッチリでなので、どんなに暑くなっても大丈夫です 」 と話しかけると苦笑いだ。    一日中雨と曇り空で涼しく、暑さは全然気にならなかったのだ・・・。    45、42で最近では最悪のスコア―でがっかりだ。    最近の5ラウンドは前半が、37、37、36、39、37と調子が良かったのに・・・。   翌日は仙台にオープンした “ ウミの杜水族館 ” で2時間を過ごした。   イルカとオットセイのショーで楽しんだ。  午後は運動公園に移動し、シニアの ”宮城ふぇにっくす” と20分3本のゲームだ。  ※このチームの登録者は60歳以上が140人程居て、平日の午後の為に仕事に人は参加できず、33人が来ていた。   65歳の我が同窓チームは9人しかプレー出来ず2人の助っ人を頼んでいた。   私は1トップで前後左右に動き、相手DFがボールを回すと追いかけて走り回った。    裏のボールを追ってサイドを突破しても中に詰める選手が追い付かず、2本目までは 0 - 0 だった。   チームプレーのコンビが取れて来た我がチームは、私の右サイドの突破からゴール前をゴロのラストパスで埼玉の金子が先制点、和歌山の中村と私の壁パスからの中村が2点目、私が中央突破からシュートを決めて3点目だ。   終了間際に30m程で振り向いた私は、いきなりワンステップでシュートを狙った。   GKは頭上を飛んでいくボールを見送ったが僅かに左に曲がり、ポストをかすめて外れてしまった。    「 金ちゃんはやる事が違う・・・ 」 と近くに居た山梨の小林がつぶやいていた。   ホテルで温泉とサウナに入り体重を量ると65.00kgだ・・・。   夜はバイキングの後、ホテルのカラオケボックスを借り切って15人で飲み放題、歌い放題だ。   当時の青春歌謡のオンパレードが1時間程続き、後は18番の披露タイムだ。   そうこうしているといきなりドアが開き、浴衣姿の70過ぎの “昔お嬢さん”達が8人程乱入だ。    「 楽しそうな歌声なのでつい入って来ちゃった 」 と悪びれない。   曲が始まると、「 ダンスしましょう 」 と小林を捕まえて踊りだす始末だ。   結局30分程ダンスをしておばちゃん達は退室だ・・・。    10時過ぎまで大騒ぎをし、部屋に帰ってまた騒ぎ、11時過ぎには疲れて無意識の内に気を失っていたのだ・・・。    翌日は6時に起きて温泉だ。 サウナに2度入り、上がって水を少し飲み  体重を量ると65.00kgだ。   バイキングで満腹になり、ジュースとウーロン茶を1ℓ程飲んだのに、昨晩の食事前の体重と全く同じとは・・・。     9時から松島遊覧船に乗り景色を楽しんだが、想像以上の多くの島があった。    あの津波も多くの島にぶつかり勢いがそがれて被害が他の地域よりは少なかったと聞いた。   その後、他の同窓生は女川町に行き津波のつめ跡を見学したのだが、私と妻は羽田発の飛行機の時間の事もあり、来年の再開を誓って別れたのだ。   羽田から岡山までの飛行機は順調だったが、岡山空港から帰りの足が無く、バスで岡山まで行き、津山線で亀甲着で次男の迎えにより9時帰宅で4日間の旅が終わったのだ。   幹事の壱岐君には妻が同行のために特別の配慮をしてもらい感謝、感謝です。  楽しかった。 
  {%ありがと(チカチカ)hdeco%%}

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
第469話 2年ぶりの同窓会だ。 masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる