masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第460話 慰めたのだけど・・・。

<<   作成日時 : 2015/04/29 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日恒例のN北下地区の “ふれあい運動会”が 久め体育館であった。   N北下地区には150戸程があるが、5の自治会にわかれての対抗だ。    今年で24回になり、数年前から種目ごとの順位を付けるが総合順位は付けないことになった。    自治会によっては、高齢者が多く、元気な若い人が少なくなってしまい、下位ばかりの順位では気の毒だからだ。   そんな訳で綱引きは取りやめになった。     昨日私の長女が、さくらと すみれを連れて泊りに来て、運動会に参加した。    幼児競争で、鯉のぼりの口から入り、しっぽまで行って抜ける競技がある。    昨年、すみれは途中で泣き出してしまったのだが、今年は2歳と1ヶ月になり何とか出て来てお菓子をゲットして嬉しそうだった。     4歳のさくらは パン食い競争に出たが、吊るしてあるパンを、手で持ってから口にくわえて取った。    ルールが理解できてなかったのか?仕方ないか・・・。      私は大縄跳びとスプーンレースに出場だ。     大縄跳びは他の4地区が跳んだ後最後に登場だった。   飛ぶ人数は6人で、我が地区は4人の小学生と私と長女が両端の配置だ。   2回の合計で争い、他の地区の1回目は、1回、0回、21回、22回だった。    最後の我が地区は1回跳んだら私の前の女の子が足にかけた。    「 大丈夫だから次に頑張ろう 」 と私が励ました。   2回目が始まった。  他地区は10、1、23、32だったので 「 ヨッシ 50回跳ぼう 」 と子供たちに声をかけた。    そして「 イーチ 」 と声をかけて始まった・・・。    が・・・。    縄が止まっている・・・。   何と、私の足に縄がかかっているではないか・・・。     前の5人を見て跳んだのだが、私の後ろで回す者とのタイミングがずれて引っ掛けてしまったのだ・・・。    体育館にため息と爆笑が響いた。  「 ごめんなさい 」 と地区の控え場所に向かって腕立て伏せをした。   T東高サッカー部OBのF井が進行係でマイクを持って 「 これはどうした。○○原さんが足にかけました。0回です 」 と嬉しそうに叫ぶ。    控え場所に帰った時、小学生の男の子が 「 50回跳ぼうと言ってたのに・・・」 と言って来たのには参った・・・。    今まで何度も大縄跳びに参加したが自分が引っ掛けたことは記憶が無い・・・。    人生最大の汚物を落としてしまった。    最後のスプーンレースで汚名を晴らすしかない。     が、スタートした長女がトップで2走の男子に渡す時に2走がモタモタして受け損ね、足も遅くて一気に最下位に落ちてしまった。   3走の女性が3位に上がったが、トップとは半周離れている。 4走の私が走る途中で進行係のアナウンスが 「 ○○さんが先ほどの失敗を取り返そうと必死で走って居ます 」と叫ぶのが聞こえる。    私が10m程に詰めて6走のアンカーで逆転し何とか1位でゴールしたのだ。  やれやれだ。    午前中で終わった後、公会堂で慰労会があり、小学生を含め老若男女が30人程集まった。    こういう地域での交流会が少なくなり、参加人数も減っているのが寂しい。     久め支部体いく協会の支部長の私は、スポーツの振興を図る立場ではあるが、来年度から久め支部はT山市に統合されて無くなるのだ・・・。    益々周辺地域のスポーツ活動が寂れていく・・・・。        

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
第460話 慰めたのだけど・・・。 masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる