masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第457話 こだわり・・・。

<<   作成日時 : 2015/03/16 21:09   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨年初めて65歳になった私は、悔いのない人生を送りたいとの思いが最近強くなっている。    自分が納得の出来る生き方をしたいのだ。     こだわりも幾らかある。     先日久しぶりにサッカーボールを蹴った。    シニアサッカー仲間の、つき沢(仮名)氏が 「練習をするので一緒にやりましょう」 と連絡してくれたのだ。    久世の野球場傍の30×50m程の芝と草の混じったグランドで、や木(仮名)さんと3人でボールを蹴った。   1月2日のT島高校OB会以来のサッカーボール蹴りだ・・・。    今年になって何度か個人練習を地元の公民館グランドでする予定が、グランドコンディション不良や、急用ですべて中止になった。  12月から再開したジムでのトレーニングも今年は2度通っただけだ。   自宅の庭でのランニングと縄跳びも今年は1度やっただけだ。   ゴルフの打ちっ放しは週1〜2回、ボウリングは月60ゲーム程で、トレーニングと言える様な事はほとんどやって無い。   ※サッカーの試合は県北シニアが年3度あるだけなのだ。      シニアの試合ならトレーニングをしてなくても3試合ぐらいフル出場してもなんてことはないので、練習のモチベーションが高まらないのだ・・・。   久しぶりの練習で3人でボールを蹴って楽しかった。    や木(仮名)さんがシニア60メンバーで中国地区予選 (岡山開催だが私には3年間お呼びがかからない・・・。) に出るので、キーパー練習をしたいとの事で私がシュートを蹴った。       3人での練習の時はボール扱いやキックはチョッと・・・。 と思ったのでGKで大丈夫かなと思ったのだけど意外や意外・・・。      身長が175cm程あり反応が素早いのだ。    7、8mの距離から胸の正面、左右に私が手で持ってパントキックで蹴り、次はショートバウンド(ドロップキック)で同様に蹴った。   次は地面のボールを足元横50cm、1m、1.5mに左右交互に蹴り分ける。   GKが集中して乗っているのが伝わって来るので私もキッチリと狙って蹴った。   GKの後ろで つき沢(仮名)がボール拾いに立っているが、40、45本蹴ったがミスキックがそこに飛ぶことは1本も無かった。     GKの手の下や手先に当たるぐらいの位置にキッチリと飛んでいく・・・。    70日程一度もボールを蹴って無いが7、8mの距離ならミスはしない。   この距離なら私はボールを止める時以外はボールを一切見ない。    ワンステップでボールを蹴れる位置にボールを置き、後はキーパーの位置だけ見て足を振るのだ。    それも右足で右側に、左足で左側に蹴ったボールは測った様に狙った所に飛んでいく。  今度は20cm遠く、30cm高い場所にと狙いすまして蹴れるのだ。    20分程蹴って休憩だ。   すると、や木(仮名)さんが 「 有難うございました。 久しぶりに正確で綺麗な回転のスーと伸びるボールを受けました。 気持ちが良かったです。 」 だ。    そうなのだ。   キックとパスにはこだわりがある。    現役時代の私は、パワーと瞬発力を前面に出したDFで知られた存在だった。   ※一番のセールスポイントは、状況判断の速さとポジショニングだが・・・。     1対1の守備では絶対の自信があり、ボール保持者の横に立って前をがら空きにし、「 抜いてみろ!!」 と小さな声で挑発していた。   カッ となった相手が 前にドリブルした瞬間に体を割り込ませてボールを奪い取るのが得意だった。   ゴール前の競り合いは相手よりも先にジャンプして空中でボールを待ち受けてヘディングをしていた。    チームのゲームメーカーのふる畑(仮名)選手はテクニシャンでパスが巧く、プレースタイルは全く違った。   こんなテクニカルな選手には憧れもあった。     私が現役を退いて指導者としてチーム作りをしていた時の部員は初心者が多かった。    キックの指導をする時キチンとした見本を示さなくてはいけない。    キックにはこだわって練習し、部員にも素直なキックを要求した。      部員のシュート練習で、私がクロスを蹴るのだが、部員にどこに欲しいかを要求させてから蹴る。   頭、胸、ボレー、グランダ― と走りこむ選手に合わせていたのだ。    ピッタリ合わせようと何年もボールに気持ちを込めて狙って蹴ったので、どんどん精度は高まった。    シニアでボランチをやっていた時は1本のパスにメッセージを込めたキックをしていたつもりだ。    ボールを受けた選手が 次のプレーはどうしたら良いかを ボールのコース、スピード、高さ等の質で判断できるようなパスを心掛けていた。      このパスへのこだわりは、久しぶりにGKへのシュート練習で相手に十分伝わったと思う。     私の気持ちを込めたキックを褒めてもらって嬉しかったので、40mダッシュを10本走って終わった・・・。     

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
第457話 こだわり・・・。 masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる