masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第396話 断念する決断が必要だった・・・。

<<   作成日時 : 2013/01/29 11:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 年明けに決断が必要な事が色々とあった。    その一つは 7年ぶりに復帰した軟式野球だが、肩の腱板損傷がひどくボールが投げる事ができない。   打撃でもバットのフルスイングが無理だ・・・。     先日所属チームの新年会があった。    監督とマネージャーにはケガの状態を前もって知らせていたのだ。   監督が挨拶で 「 いし原さんがケガで引退を示唆しているけど皆で慰留してください 」 と言ったのだが・・・。   私の決意は登録を断念する事だ。    3年前に2万円あまりで購入したユニホームを持参して新年会に望んでいたのだ。   会の半ばで監督の所に行き 「 新入部員がいたらこのユニホームを安く売って部会費の足しにしてください 」 と申し出た。   「 走ったり守備をしたりでは他の者よりはるかにできるのだから、続けてくれたら良いのに 」 と言われたが、しっかりバットが振れず、ボールを上から投げれなくて野球をしたくない。   惨めだから・・・。    同年代の人が 「 総社球場でいし原さんが打ったホームランは凄かったですね。  もう一緒に出来ないのは残念です 」 と言ってくれたが・・・。    気持ちの整理はついている。       二つ目は 美作で毎年開催される “ 釜もと杯 ” だ。   昨年 “ くめレジェンド ”は2連覇を飾ったが 決勝の相手チームに居た こ玉 による 暴行事件のキズ後が我 “ くめレジェンド ” に深く刻まれている。   私は今年も出場して3連覇を目指したいのだが、メンバーが出場するという気持ちになら無い様だ。    次男が 「 皆その気になってない。 もう今年は辞めよう 」 と私に言ったのだ。     残念だが “ くめレジェンド ”での参加を断念する事にした。    トロフィーは 昨年の試合の3日後に、大会主催者に 「 これが有ると嫌な思いが蘇るので 」 と宅配で送ったのだ・・・。  一人のならず者の為に一年経っても心の傷は消えやしない・・・。      未だに腹立たしいのだ。      三つ目の決断は肩の腱板損傷の手術の件だ。     結論から言うと手術を断念したのだ。   12月の中頃  腱板の専門医の な越先生に 診てもらう為に 庭瀬の病院に行った。   「 相当ひどいですね。  殆んど切れた腱板を引っ張り出してくっつける手術が必要です。 が、痛みが我慢できない程では無い様なので、このままでも我慢できると思います。 その内に肩が上がりにくくなるかも知れません 」    「 今は筋肉で動いている状態です。  腕が上がりにくくなってからの手術は相当困難なものになります 」 と言われたのだが。   余り痛みを感じないのは長年の間に痛みを感じる神経が切れているか? 麻痺しているからだろうと思う。    後日、担当医の いの上先生に 「 野球、ソフト、バドミントン、陸上の投てきは無理でも、まだサッカー、ゴルフ、ボウリングができるので今のままで行きます 」 と告げた。    「 分かりました。 ただ、腕と肩の骨の間が凄く狭くなっています。 この人が今度手術をする人の肩です。 」 とパソコン画面にMRI で写した他の人の肩が見える。   「 隙間は7、8mmあります。  いし原さんのは2、3mmです。  その内に腕を上げるときに肩の骨にあたって上がらなくなる可能性があります。 」 だ・・・。    状態が極めて悪いのは分かっているのだが・・・。   3月半ばには長女の2人目の女の子が誕生予定だ。   さくらの 子守もより必要になるのだ・・・。    腕を吊ってひと月入院しリハビリ3ヶ月はチョッと大変だ・・・。    この年齢で3、4ヶ月間殆んど運動できなくなるのは辛いのだ。     特に現役サッカー選手の私としてはだ。     県社会人リーグ選手としてプレーできるのは後10年程だろうから。    シニアはその後頑張るか・・・。    ただ、痛みが強いのは6年前に傷めた左肩の方なのだが・・・。  もう一つ 45歳から続けている ジムに通っての筋トレだが、もう会員を辞めるつもりだ。     両肩が壊れていてはできることは限られる。     どの決定も 事を断念するもので 今年の目標を 昨年を超える事 にしている私にとっては  チョッと残念・・・・。      

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第396話 断念する決断が必要だった・・・。 masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる