masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第336話 普通の生活が出来る幸せ。

<<   作成日時 : 2011/06/07 13:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 被災地の人達には悪いのですが、普通の生活が出来る幸せを感じています。    以下、 先週のある日の私の生活です。    朝6時過ぎ起床。    最近の日課になっている畑の見回り。     大きくなってきたキャベツを食べる青虫退治をする。    モンシロチョウが卵を産みつけ、孵化した青虫がキャベツをかじり、糞を撒き散らしている。    水道水をフォースで糞にかけてきれいにする。    その後朝食だ。     それが終わると畑に出て、草取りをし、小さい野菜の苗に水をまく。    これで70分程かかった。     終わって家に入り、2階の自分の部屋に行く。    ゴルフの打ちっ放しに行こうと作業服を脱ぐ。     窓越しに、裏の休耕田に、細い竹の子が伸びているのが見える。    思い直して、作業服を着た。   農機具置き場で柄が約132cm程ある鎌を持って休耕田に行き、まるで竹の子のように生えてる竹の子を切った。    終わって家に帰り、鎌をしまおうとして西側にある休耕田を見ると、そこにも竹の子がはえている。    その横にある径が2、3cm程の竹が生える竹林は、竹が繁らない様に竹の子を年に何回も切り捨てている。     ここも竹の子退治だと鎌を振り回して切り落とす。       先週は草を刈っておいたのだ。     鎌で竹の子を切りながら竹薮を進む・・・。    左側の竹の子を切って右側を切ろうとしたその時だ・・・。      1m前方の枯れた草の上に何かいる気配がしたのだ・・・・。    見ると草の上にマムシがとぐろを巻いてこちらを見ているではないか・・・・。      ギャッ!!  と跳び下がって逃げる。のが普通の人間だ。      が私は違った・・・。    1m前で鎌首を擡げているのはマムシだ と認識した瞬間( 約0.4秒後 )鎌がマムシめがけて振り下ろされていたのだ。      草むらに埋もれたマムシめがけて5、6回の連続攻撃を仕掛けた。     草群をかき回し、生きたまま切り刻んだマムシを見つけて家に持ち帰った。    妻が以前、「 マムシはどんな蛇か知らない 」 と言っていたので見せる為だ。     妻は、「 気持ち悪い。早く捨てて 」 だ。    裏の川に投げ捨てた。   その後、シャワーを浴びて着替え、車で13分の 追わけゴルフセンターに行き、80球打った。       顔見知りの人が 「 よく飛ばしますなあ 」 と感心しきりだ。   250の表示がある板の上に5、6mのネットがある。   3番ウッドでも試合球を打つと超えていく・・・。   「私の場合は飛距離とスコアーは比例しないので 」   と慰めを言った。     自宅に帰り昼食を済ませて、少し休む。     2時過ぎから一人で近くの公民館グランドに行き、サッカーの練習だ。   シニア60歳の大会で3本ドリブルシュートを打ったが、全てGKにッ防がれた反省にと1時間程シュートを打った。    最後に40mダッシュのインターバルを10本、そしてトンボで整備して90分の個人練習を終えた。    身体のケアにと車で10分の瀬と川温泉に行き、サウナで800g体重を落として帰宅する。    早めに軽い夕食を済ませ、7時に家を出てTモクボウルに行く。    職域対抗のリーグ戦があるので2ゲーム練習した。    8時からメンバーの、ま木、に木と私の3人で4ゲームづつ投げた。     相手は実力ナンバーワンの、 Sanレックス だったが、30ポイントの内23ポイント奪取した。     11時前に帰宅すると少し遅れて長男が帰って来た。   長男が バーベルとエアロバイクでトレーニングを始めたので、私も付き合ってチューブトレーニングとヘルスマットで柔軟をした。     12時前床につく。     平凡な普通の一日が何事も無かった様に終わった・・・。                           

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第336話 普通の生活が出来る幸せ。 masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる