masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第244話 ビバ!! サッカー パートA 共に汗を流した仲間達は今でも・・・。

<<   作成日時 : 2009/08/19 20:35   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 15日に私とふる畑氏の還暦を祝うゲームを企画してくれた くに政君達のおかげで、すごく楽しい時間が過ごせた事に心から感謝したい。    パート@に記しているように、ゲームが楽しかった事はもちろんだが、その後の懇親会での皆との話しの中で、サッカーに関われた日々が懐かしく、意義深いものだった事を再確認したのである。   
私は津山市内の某工業高校で、昭和53年から8年間サッカー部顧問をしていた。   きょう員チームで国体を目指していた時で、自分のレベルアップの為と、チームを強くする為に毎日部員と共にグランドで汗を流した。   練習では常に率先してプレーし、自分で見せるのが私のモットーだ。  これは授業でも同様で今でもそうしている。   私の現役バリバリ頃であり、最初のパス練習から最後のダッシュまで一緒にするものだから、部員達は手抜きが出来ない。  何せ私のプレースタイルはガッツ&パワーで、県リーグでも評判だった。  だから、練習内容もそれが中心だった。   「先生が手抜きをしないからしんどかったなあ。」   「 誰か倒れたら緩めてくれるかも ?といつも思ってた」   「何かが原因で叱られて、グランドの周りを走れ!!と言われたのだけど、理由が分からずに何周も走った 」   「試合前に部員全員でグランドの周りを歩いて、遭った人全員に挨拶する様に言われた」   「 真夏の試合でハーフタイムでベンチに帰ると、動きの悪いお前達に飲ませる水はない! とクーラーの水を全部撒き散らして、ハーフタイム中走らされた。」 等々皆良く覚えている。   「 しんどい時こそ頑張れ。 手抜きをするな  」 が口癖だった・・・。   だからあえて理不尽な?練習もした。   今回集まった者の割合は、私が赴任当時から厳しく鍛えた頃の学年が圧倒的に多かった・・・。   前任者のふる畑氏は私以上に厳しかったようで、本人も 「 部員を一度も誉めた事がなかった。 でも皆良く付いて来てくれた。  教員生活の中で一番思い出深く、濃いサッカー部顧問時代だった。 」 と声を詰まらせて挨拶をしていた。   私は彼の蒔いた種を咲かす手伝いをして、53年の県インターハイ決勝で さく陽高を 2−0 で破り、福島インター杯に出場する事が出来た。   54年の県選手権の決勝で再び さく陽高を1−0と下す事が出来たのだ。   ふる畑氏の戦術と技術の上に、体力とガッツを上乗せした事がチームの総合力を高めたと思う。    この会で久しぶりに会う者も多く、高校時代にタイムスリップし、懐かしい顔ぶれに話も弾んでいた。   苦しい時を乗り越えたからこそ今の自分があることを、大きな喜びとしているのだろう・・・。    会の終わりに くに政君が 「楽しい会だったのでまたやりたいと思う。 いつ頃がいいかな?」 と皆に尋ねた。  すかさず 「来週でも良い!!」  と応えた 元顧問がいた。   ふる畑氏は、お前なんでそんなに元気なん? と思ったかも・・・。    ビバ  サッカー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第244話 ビバ!! サッカー パートA 共に汗を流した仲間達は今でも・・・。 masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる