masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第224話 私の最後の “みま作総体” が終わった・・・。 パート@

<<   作成日時 : 2009/05/11 19:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 9、10日の二日間で恒例の美作そう体が行われた・・・。   私にとっては最後の総体だ・・・。  22歳で津工グランドでのサッカー競技に審判で関わって以来、38年が過ぎた・・・。  すでに退職された宮川、上田両先生のご尽力により美作地区サッカー界が発展して来たと思う。   私も微力ながらサッカー界での恩師二人の後を受けて頑張って来たが、もう引退だ。   最近では有能な指導者と審判が美作地区に増え、レベルアップが計られ、運営面がすごく楽になった・・・。   私が20歳代の頃は、一日に2試合の審判は当たりで前で、3試合審判をした事もあった気がする・・・。   何せ美作地区に審判は、教員の宮川、上田、私と一般の赤坂、藤岡、石原、山田の計7人しか居なかった時代だ。   その当時は先輩方にタメ口をついたり、平気で茶化したりする者は居なかった。  それが、 「チョッと口を慎め、O本!! トイレの裏に呼んで2秒間に5発の速さでビンタを食らわせるぞ!!」  と言うと、 「鳥の様に手をバタバタとするんですか? I先生。ハッハッハッ 」  と羞恥心欠乏の多弁症が笑う・・・。  チバケてる・・・。   そしてその同僚のK安教諭が、 「試合前になると生徒が期待してるので喋ってやるんです ○×△□(放送禁止用語)・・・と。   最近は女子マネージャーも成長して、ニヤニヤして聞いてます。 ハッハlッハッ・・・」   何てヒワイでふしだらな教員か・・・。   一昔前では考えられない。   時代が変わった・・・。   テントの中も皆顔が穏やかで緊張してる者等居ない。  私の様な重鎮を捕まえて平気でイジルO本、K安、T越、 そして一番の黒幕候補はN村S高教諭だ。   9日の初日には、某O本多弁償教諭が、「 N村S高教諭の息子とわが子が某T山高校の同じクラスになった。  担任はN波元T工サッカー監督の奥さんでサッカー関係者ばかりだ。   その担任が 「クラス委員に誰かなってくれませんか?」  と尋ねると 「ハイ]  とN村教諭の息子が手を上げて、 「僕が・・・・。  O本君を推薦します」 と言った為、O本教諭の息子がクラス委員に決まった様だ・・・。   音楽の時間には先生が、 「皆さん。声が出ていません。」  と言うと すかさずN村君が手を上げて 「先生!! 0本君が・・ 口パクで声が出ていません」  と先生に親切に教えてた様だ・・・。   さすが策士のN村教諭の息子だ。   他人同然の付き合いをしているO本君の事が良く分かっている。   父親と親子同然の付き合いをしているので、父親の言動のパターンを熟知している。   このまま家族付き合いをしていると、末恐ろしい事になるかも・・・。      
 パートA  は 2日目の内容だが 熟考が必要だ・・・。    私が “生涯現えき” とプリントされた朱色の審判服を着せられて、決勝戦の主審を務めさせられた内容だ・・・。    高体連美作地区サッカーのブログには、写真と共にすでに公開されているのだ・・・。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第224話 私の最後の “みま作総体” が終わった・・・。 パート@ masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる