masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第218話 シニアで頑張るか・・・。

<<   作成日時 : 2009/04/11 22:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 私と同期にO山K員団チームに入り、10年程一緒にプレーしたH畑氏が60歳になり、シニア60歳代のO山60シニアに加わっている。  サッカー界は40、50、60歳代に区切られて全国大会が毎年開催されている。  私も53歳の時に、シニア50の全国大会が初めて開催されて以来、4度参加した。  中国地区から1チームで、16チームの全国大会だ。  今年のシニア60歳は、中国地区の予選を2勝1分けで1位となり、広島での大会に出れる事になったようだ。   彼が最近始めたブログ “団塊のサッカー夢追い○△×・・・ ”  に試合結果が載っていた。  F畑氏も1点叩きこんだ?らしい・・・。  FWには、かつて同じO山K員団チームで共に国体に出場した、U野氏も今年から加わった様だ。   彼は元自衛隊教官で、当時は金鎚をポケットに忍ばせていて、指導に従わない隊員に、一撃をくらわせていたと言う逸話の持ち主だ。   この二人の思い出は、昭和53年の国体予選で、代表決定戦の広島との死闘が目に焼きついている・・・。  0−0で延長になり1点取られて残り3分に、現在FAJIアーノの総監督Y下氏が起死回生の同点シュートを叩き込み、再延長になった。  そしてゴール前16mからU野氏が時速210km(本人談)の勝ち越しシュートを決めたのだ。  そして残り30秒でF畑氏が、左からの緩いセンタリングに最後の力を振り絞って走りこんだ。  疲れて足がもつれて倒れ込んだ頭にボールが当たり、逆サイドに時速3km程のスピードで転がって入り、試合が終わったのだ。 ※ 詳しくは私の著書の “ O山教員団 国体への道 ” に詳しく書かれている。(但し非売品)     懐かしいメンバーが加入した事もあり、他のメンバーはシニア50歳代で私と一緒にプレーした人ばかりなので、来年度は60歳代に加わるか・・・。   また相手チームからののしられる事を覚悟で・・・。
   今日は久しぶりにスポーツ三昧をした。   @ 午前中に部活があり、久しぶりに部員7人全員が集まって練習が出来た。  今年度からN見高校に転勤されたK本先生に代わって、西大寺からT籐先生が顧問になった。   まだ30歳になったばかりで、意欲は旺盛だ。   私も短パン、半袖で練習し、最後は恒例の3対3のミニゲームを2本連続でやった。  部員は私の半分も守備の意識が無い。  攻守に渡って一番動き回るのは私だ。  情けない・・・。   我がチームは2連敗だったので悔しかった・・・。   A その腹いせに、練習終了後、一人で筋トレルームに行き、30分結構ハードに筋トレをやって汗をかいた。   天気も良かったのでその勢いで Bゴルフの打ちっ放しに行って100球打った。  空気が乾燥して軽いので良く飛んだ・・・。    C その帰りにボウリングに行き3ゲーム投げたところで偶然、職域リーグに加盟しているメンバーのM木氏が来たので、一緒に投げた。   4ゲームまではアベ177だったので気合を入れ、232,247,219と続けてアベ201に引き上げて8ゲーム投げて終わった。   最後の仕上げにS戸川温泉に行き、サウナで700g落として帰った。  自宅に帰ってから、母親が大事に育てている、ランがある温室に張ってある保温用のビニールを撤去した。   母が元気な時は、一人で半日ほどかけて取り外していた様だが、私が手伝って30分もかからなかった。   その勢いで、日除け様の黒いシートを掛けてあげた。  何せ力仕事の早さには定評がある私だ。  しっかり感謝された。   もしかして、これがまもなくシニア60歳に加盟する者のすることか?  と感心してるかも知れないそこのあなた!。  こんな事、「全然なんてこと無い普通の日常生活だ・・・・。   やろうと思えばもっとハードに出来る・・・。    気持ちの問題だ。   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第218話 シニアで頑張るか・・・。 masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる