masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第207号 復活の優勝だが違いが大きい

<<   作成日時 : 2009/01/27 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 25日の日曜日に復活の優勝者が二人出た。  マラソンの渋い選手と、大相撲の朝しょう龍だ。  おなじ優勝者でも内容や感動が違うと思う・・・。  マラソンの渋い選手は、数大会の失敗の後、充分な練習を積んで自信を持ってスタートラインに立ったはずだ。  そして余裕の優勝だったと思う。  ゴールテープを切った後の満ち足りた笑顔がさわやかで、思わず拍手した。  「マラソンのコツを掴んだ様な気がする」 とコメントしていたが、世界選手権で実力を発揮して欲しい。  朝しょう龍も復活優勝だが私は評価したくない。  以前から日本の国技をなめたり、しきたりを無視した様な振る舞いが目に付いていたが、相撲にまるで品格が無い。  ロクに練習もせず、勝てば官軍なら、柔道の石い選手の様に、強いものが勝つ総合格闘技に行けば良い。  ダメ押し、ニラミつけ、モンゴりアンフック、ガッツポーズ等今までの相撲取りには考えられない  神様への奉納で相撲がとられていたいたと聞くが、態度が余りにもガキだ。  優勝を花道に引退するようなら評価もするが・・・。   テニスの伊達選手の復帰には拍手を送りたい。  相当な努力をして復帰をしたことは想像がつくが、歳を重ねて体力が衰えると気力も無くなるものだが、まだ世界で戦っていけるのはすごい。  熟練の技と、プレースタイル、コメントに味がある。  プロ野球の金もと選手も、今年で41歳になるのだが、厳しいトレーニングを続けて連続出場の記録を伸ばし、打撃の成績も素晴らしい。  “努力しているからだろう” と簡単に言うのには形容が軽すぎる・・・。  初めての59歳を迎えた私は、最近は努力が欠けている。  10年も前から “ 私には努力できる才能がある ” と公言してきたが、才能にかげりが見え出した。  情けない・・・。  10月からトレーニングジムは月1回だけだ。  今年は一度も行ってない。  ゴルフの練習もここ数ヶ月は月一だ。  コースに月一なので、スコアーも90オーバーする事もあり、ハーフでは36や37を出しても、トータルで70台はここ数年出してない。  44、45歳歳の頃は3回に1回は70台でラウンドしていたのが夢の様だ・・・。  その代わりボーリングは結構アベレージがアップしている。  先日、1時間休みを取って病院に検査に行った。  5時過ぎに終わったので、トレーニングに行くかボーリングに行くか悩んだが、最近左肩の鍵盤付近が痛いのでトレーニングはやめてボウリングに行った。  ボールがレーンに合って調子が良い。  237、204、229、と続いて、4ゲーム目は4フレームめが9本のスペアーで、他は全部ストライクだ。  ストライクは8連続を含め11回取った。  準パーフェクトか? さて何点でしょうか?  その後も、202、234と200点台が続くので、このままでは300点が出そうなので止めにした。 6ゲームでストライクを45取った・・・。  4ゲーム目までが949点、6ゲーム計1385点、アベレージ231の自己記録を出した。  ボウリングは才能が有るのかも・・・・。   今日は久しぶりに部員が5人出てきたので、一緒に練習した。  3週間ぶりにボールを蹴ったがまずまずだ。  最後はペナルティーエリアでの3対3のミニゲームを5分4本続けた。 1ゲームごとに負けたら腕立てをするが、我がチームは1度も負けなかった。  私の攻守におけるハードワークと集中力の順当な結果だ・・・。  久しぶりで少しはしんどかったが、まだ部員には負けない・・・。   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第207号 復活の優勝だが違いが大きい masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる