masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 108話 私はまだまだ頑張れるだろう。

<<   作成日時 : 2007/11/04 22:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 夕方のTV番組を何気なく観ていたら、興味深い内容があった。 新人消防士が入校した消防学校のドキュメントで、数少ない女性消防士を追ったものだった。退職したら体力を生かして消防の試験を受けようか?と思っているので興味を持って観た。 厳しい訓練に耐えて6ヶ月後に迎えた卒業式では感激の涙を流していた。 私も大学1年の時、1日に10時間練習と、しごきを通り越した暴力行為の様な指導の苦しさを思い出した。 それに耐えた事が現在の私の支えになっている。 最近はしんどい事から逃れる為に、理屈ばかりを言う生徒が多い気がする。 そんな人間が結構 “自分には根性がある。”とか “大事なのは根性だ”と言ったりする・・・。 私は、自分の精神や体力の限界がどれくらいかを知らないに者は、“根性どうのこうの”と口にしても如何なものかと思う。 しんどい時、苦しくてたまらない時、もうだめかと思う時に、その後にさらにどれだけ頑張れるかが大事だと思う。 私は中・高と運動部経験が無く、日体大に入ってからサッカーを始めて4年間頑張ったが、練習の時に本当に手抜きをしなかった。 それを許さない雰囲気が部の練習内容にあった。 私はがむしゃらでひた向きな性格もあり、少しも気を抜かない練習態度だった。 「日体頑張ろう!!」 と練習中に大きな掛け声を出すと、目の前に星が飛び、頭がくらくらする事もしょっちゅうあった。 何せ一滴の水も飲ませてもらえず、練習が進むにつれて頭の思考回路が働かず、無意識でボールを追っていた。 限界ギリギリの毎日で、いつ倒れても不思議ではなかった。 決まって毎日4kg体重が減っていたから・・・。 夜眠っている時に練習風景が夢に出て来て、誰かが「日体頑張ろう!!」 と声をかける。 私はその声に応えて 「オー!!」 と大声で寝言を発して目が覚めた事も度々あった・・・。 ある日、早朝、午後と練習があり、休むまもなく多摩川に走って行く3度目の練習があった時、しんどくて多摩川の練習に参加出来なく寮で休んでいた事があった。 7時前に寮の部員が 「しんどかった!!えらかった!!」とフラフラで部屋に帰って来た・・・。 私は自分が情け無かった・・・。 練習に参加して倒れれば良かったと・・。 自分の弱さを責めた・・・。  でも大学時代は一生懸命 “日体サッカー部の役に立ちたい” “上手くなりたい。” とガムシャラに練習していた。 あの時は、自分で自分を誉めてあげれる時代だった。 あの練習の苦しさと、練習後の暴力まがいの指導に耐えたのだから、あれ以上の苦しい事は未だに経験する事は無い。 頑張っている人の根性物の番組を観たり、書物に出会うと、自分もまだやれる、やらなくてはと気力を奮い立たせてくれるのだ・・・。  先週のシニアサッカーの試合ではシニア岡山が不参加になり、モチベーションがやや下がった。 メンバーも沢山いた為、2試合と半分の計100分しかプレーできなかった。 そこでの私のプレーや頑張りが、シニアのメンバーに、自分ももっと頑張らなくてはと刺激になったり、まだ何年もプレー出来るかも知れないと希望を持たせていると思う。 そんな訳で、私も後10年や15年はサッカー頑張るつもりだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
108話 私はまだまだ頑張れるだろう。 masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる