masaji66生涯アスリート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第43話   今年度最後の2回目の健全ツアー

<<   作成日時 : 2007/03/15 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 1週間前に今年度最後の健全ツアーを実施したものの、男5人でボーリングをし、4人でカラオケに行くはめで、盛り上がりに欠けました。 私は最後の健全ツアーにしては不本意だったので、一昨日に「明日の火曜日に最後の2回目の会をする」とコソッと発表しました。 すると私の人徳?、いや人間性か?何と人妻や新婚さん、そして子持ちの奥さんが4人も初参加をしてくれた。 まるで私が転勤でもするのかと勘違いしたかのように・・・。  ボーリングは健全ツアーの禁酒、禁煙を知ってないか、知らずかタバコを吹かすK氏も参加してくれた。 2月に大阪で生涯最高の176を出したO女史は記録更新に意欲を燃やしていた。 こんなえたいの知れない会に参加するとは思いもしなかった新婚のH女史、ボーリングに参加されるとはビックリのY女史、カラオケで二宮プロの歌を聞きたいとM女史と華やかだ。 またS教諭は子守を兼ねて3歳にも満たない子供のような男の子を連れて来て二人でボーリングをした。野球部顧問の父親は相当ストレスが溜まっているのか疑いたくなる渾身の超速球を投げ込み、ピンが弾け飛び壊す気かと思った。続いて2投目の3歳足らずの息子は、親と違って子供のくせに助走もしないで両手でも投げれる。時には途中で止るほどの時速160m程の超スロースピードで見る者をハラハラさせたがDFGのスペアーを取った時には興奮した。また、N教諭の左から右端に向かい落ちるかと思ったとたんに真ん中に返る魔球のようなボールに皆驚いた。  しかし、やはり女性が投げると華がある。 スペアーをとると実に嬉しそうに無邪気な顔になる。6年ぶりにストライクを取ったH女史は大喜びで、「ハイ、ハイ〜!!」と普段では見せない表情でのハイタッチが可愛いらしい。 私はそれらに調子を狂わされたか、いつもは何所に投げても倒れるはずのピンが、“取ってみろ”右や左にスプリットの仁王立ちだ・・・右手で投げても129のていたらくで、164のO女史に負けてしまった。{これは私の実力じゃ無い。お色気?に参ったことにして欲しい} マイボールとマイシューズ保持者のK教諭にいたっては、目をつぶらないで投げてるにもかかわらず、久しぶりではしゃぐH女史にも負け、危うくS親子にも負けそうであった。 その後男女4人づつでカラオケのユニゾンに行き、食事しながらカラオケをしたり、カラオケをしながら歌い、禁酒の合コンをした。 二宮プロの歌声を初めて聞いた4人の女性はワンフレーズ聞いただけでしびれ参加した甲斐があったと大いに感動したようでした。私はあの伝説の56曲レパートリー表ベストテンの12番目を歌った後、を込めて2、1、3番の順に披露した。 「早めに帰る」 「聞くだけ」 と言ってた女性達は、 1曲歌ったら吹っ切れたのか3、4曲歌った。 みんな上手で聞きほれているうちに、2時間があっという間に過ぎ去りました。 そこを出る時は皆心が洗われたようで一様に「参加出来て良かった。」と 感動しきりでほのぼのとして解散したのであった。 仮の話だが会長転勤の後は、このばかばかしくも素晴らしい会を誰が企画するのだろうか・・・。 私を呼んでくれるのだろうか・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
第43話   今年度最後の2回目の健全ツアー masaji66生涯アスリート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる